うえはら歯科クリニック

高崎市飯塚町の 歯科,小児歯科
うえはら歯科クリニック

027-381-6740
群馬県高崎市飯塚町346-1
高崎問屋町駅うえはら歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
 
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  妊娠中の歯科治療»  妊娠による影響

妊娠中の歯科治療

妊娠による影響


 妊娠中は一般的に、口腔内の環境は悪くなり、虫歯・歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなります。
 理由としては以下のものがあげられます。
 

◎つわり

 妊娠初期では、つわりのために、歯みがきをすると吐き気がしてしまい、口腔内の清掃がおろそかになりやすいです。


◎間食の回数の増加や嗜好の変化

 一度に「食べられる量」が減ってしまうため、空腹状態が多くなり、間食などの「食べる回数」が増えやすくなります。
 また個人差はありますが、妊娠初期には「すっぱいものが好き」、妊娠中期から後期にかけては「甘いものが好き」という人が多くなるようです。


◎生理的変化

 妊娠すると女性ホルモンの分泌が約7倍も盛んになり、この影響で歯肉が腫れやすくなります。
 二種類の女性ホルモンのうち、プロゲステロンは歯肉の炎症を増大させ、ホルモン量が増えれば少量の汚れでも歯肉炎が起きやすくなります。
 またエストロゲンは歯周病の原因菌を増加させます。
 そのため妊娠しただけで、歯肉から出血したり、歯周病になりやすくなってしまうのです。


◎唾液の分泌量

 妊娠すると唾液の分泌量が減り、お口が渇きやすくなります。
唾液が減ると、唾液による口腔内の汚れの自浄作用が低下して汚れが付着したままの状態になってしまい、歯周病の原因になります。
また唾液の量が減ると酸を中和することが出来なくなり、お口の中が酸性のままの状態になりやすいため、虫歯が増えるのです。




妊娠中の対策

 妊娠中に口腔内の環境を悪くしないために、以下のようなことに注意してみましょう。


◎歯磨き

 妊娠中に虫歯や歯周病にかかってしまうと、産後は育児に追われて、なかなか歯科医院に行くことができず
進行してしまい重症になってしまうことも考えられます。
 妊娠中だからこそ歯磨きが大切です!!


歯磨きのアドバイス

 1.つわりのある時は、調子のいい時に歯磨きをするようにしましょう。

 2.奥から前にかき出すように磨きましょう。
 (のどに近い場所にあたると気持ち悪くなりやすいです)

 3.顔を下に向けて磨きましょう。(唾液や歯磨き粉などがなるべくのどの方に流れないようにしましょう)

 4.においや刺激の強い歯磨き粉は使用しないようにしましょう。

 5.小さい歯ブラシを使いましょう。


◎間食

 個人差はありますが、平均的には妊娠中期から後期にかけて間食の回数が増える傾向が見られます。
 基本的な生活習慣を乱さないように気を付けましょう。
 特に夜の間食は注意が必要です。