うえはら歯科クリニック

高崎市飯塚町の 歯科,小児歯科
うえはら歯科クリニック

027-381-6740
群馬県高崎市飯塚町346-1
高崎問屋町駅うえはら歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
 
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  虫歯»  虫歯のでき方

虫歯

虫歯のでき方


歯磨きはちゃんとしている、甘いものは控えている、それでも虫歯になる人とならない人がいます。
一体何が違うのでしょうか?
虫歯がなぜ、どのように出来るのかをまずしっかり理解することが予防の第一歩です。
虫歯には以下の4つが関わっています。


歯質


人によって歯が強い、弱いがあります。


細菌

 ミュータンス菌という菌がお口の中には存在します。
ミュータンス菌は大好物の糖類をエサに増殖し、その代謝物として産出する酸によって歯を溶かします。
ですから極端な話、ミュータンス菌が全くいなければ、甘いものを好きなだけ食べて、
歯を磨かなくてもむし歯になることはありません。
しかし、ミュータンス菌が全くいない人はいないことから、むし歯にならない為には、
ミュータンス菌の量をどうコントロールするかが課題になります。



いわゆるあの甘い砂糖は虫歯菌にとって一番のエサです。
また、むし歯菌のエサとなる糖類は、砂糖だけではありません。
お米を分解して出来るブドウ糖、果物に含まれる果糖などなど。
糖を栄養とし虫歯菌は繁殖し、歯垢(シコウ;プラークとも言います)を形成し酸を出して虫歯を作ります。

時間

上の3つの要素が重なる時間が長ければ長いほど虫歯になりやすくなります。



つまり、この4つの要素が重なってしまうと虫歯になってしまいます。
では虫歯のでき方を説明していきます。


 

虫歯
細菌
虫歯
虫歯
糖分
  虫歯
虫歯
歯垢
磨き残しの糖分を虫歯菌が栄養として食べるネバネバした歯垢(プラーク)という虫歯菌の巣を作ります。
この歯垢で虫歯菌は繁殖していきます。
  虫歯
虫歯
虫歯
歯垢の中に住み着いた虫歯菌は、糖を栄養として活動的になり、酸を作り出してその酸が 歯を溶かします。
これが虫歯の始まりです。


上記の4つの要素以外に、唾液も虫歯に大きな影響を与える要因です。
唾液は歯の表面についた汚れを洗い流したり、虫歯菌の出す酸を中和したりします。
しかし、唾液は夜寝ているときはあまりでません
(朝起きたら口がからからなのはこのためです)
そのため、虫歯は夜寝てるときに最もできやすいのです。

 





右矢印  夜寝る前の歯磨きが一番大事です!!






    その他の(間接的な)原因

直接的原因である歯垢をなくしてしまえば虫歯にならないのですが、
同じように歯を磨いている人でも虫歯になりやすい人とそうでない人がいます。
これは、生活習慣や口腔内の環境に個人差があるためです。
虫歯になる間接的な原因には以下のようなものがあります。

 

  • 唾液
唾液は、上でも述べたように歯の表面についた汚れを洗い流したり、虫歯菌の出す酸を中和します。
そのため、唾液が少ない人は虫歯になりやすい傾向があります。


  • 生活習慣
生活習慣の中でも、特に食生活は虫歯のできやすさを左右する大きな要因になります。
まず、飴やソフトキャンディーなどを好む人やジュースやスポーツドリンクなどの清涼飲料水などを好む人は虫歯になるリスクは高くなります。
また、食事や間食の回数や時間帯にも虫歯のリスクは左右されます。
寝る前に飲み食べする人や間食の回数が多い人も虫歯のリスクは高くなります。


  • 歯並び・矯正
歯並びが悪い場合や、矯正治療中にワイヤーなどの装置が口に入っている場合、
どうしても磨きにくい部分ができてしまい、磨き残しができやすくなります。
その結果、磨き残しがある部分は虫歯になりやすくなります。


     ~ワンポイント~


 〈脱灰と再石灰化のバランス〉

  脱灰(だっかい):虫歯菌はお口の中に食べ物が入った瞬間から、糖を分解し酸を出し始めます。
この酸は歯の表面のエナメル質を溶かし始めます。 これを脱灰と言います。

  再石灰化(さいせっかいか):お口の中では脱灰から歯を守ろうとする働きがあります。
これを再石灰化 といい、主にだ液がその働きを担っています。






脱灰と再石灰化の境界線を臨界pHといい、その値はpH=5.5前後です。
この値を超える(低くなる)と歯の表面は溶け始めます。
むし歯菌の出す酸だけでなく、酸性度の強い食品でも溶けだすことに
変わりはありませんので、注意が必要です。
一日の中でお口の中が酸性(PHが低い状態)になると虫歯になりやすくなります。

虫歯

間食の回数が多いこと、だらだら食事することや寝る前にお食事するのは、
お口の中が酸性になる回数が増え、虫歯のリスクを高めます。
規則正しい食生活も虫歯の予防には大切なことです。

以前診ていた患者さんで、歯の根元に虫歯が急に増えた方がいらっしゃいました。
4ヶ月程度で大きくお口の中が変化していたので、何か覚えはありますか? と尋ねたら、
ノドの調子が良くないので飴をよくなめるようになったらしいのです。


食後はなるべく早いうちに歯ブラシを、おやつは決められた時間に適量を摂るのが好ましいですね。